« 「シャケのおへそ」へようこそ! | トップページ | ETC1000円・弾丸ドライブin福島 »

Yes, we Build!

goodこのブログを開設した、もう1つの理由。

それは、とある山の麓に我々のマイホームを建てることにしたんです!happy02

現在は2LDKの貸しアパートに住んでいますが、近所の方から、「子供の足音がうるさい」との苦情がでたことなどから、一大決心して家を建てることにしました。

家を建てようと決めた時から、我が家の理想を書き込んだノートブック「Yes, we Build!」を妻が作りました。おわかりの方もいるかとは思いますが、オバマ大統領のキャッチブレーズをちょっとまねたものです。 

Yes_we_build

住宅展示場をいろいろと見て周りましたが、アウトドア好きなためログハウスや薪ストーブ、オープンデッキへの憧れcatfaceがあり、そのような雰囲気の住宅メーカを見て周りました。

しかし、ログハウスはちと高い!coldsweats02また、外観形状を変えるのは難しく、室内のレイアウトを若干変えられるくらい。しかも、いろいろと調べていくと、建てて数年は家全体が沈み込むことからドアや階段に余裕(隙間)を設けておくことや、外壁塗装や煙突掃除などいろいろと手入れが必要なことがわかりました。

まあ、ログハウスを建てたい人にとって、外壁塗装や煙突掃除は、自分で行えば家を建てた楽しみのようなものでもあるので、アウトドアライフのひとつとして前向きにとらえられることもできるのですが、最初はだれかに教わらないと・・・・。

そして、この不況の中で家を建てると決心して行き着いた結論flair・・・それはハーフビルドという選択肢でした。たまたま妻(キング)が雑誌を見ていて、那須の「ハーフビルドホーム」という輸入住宅メーカを見つけ、伺って見積もりを作成していただきました。

ハーフビルドホームは、2by4の住宅ではあるのですが、ログハウス風の自由設計ということもあり、我々の要望を伝えると、デザイン、質感、そしてお値段(半分は自分でつからないといけませんが・・・・)とも、我々の最も納得のいくものでした。

そして、自分の家は「(業者に)建ててもらう」のではなく「自分で建てやる!dashdashdash」という、まさにアウトドアライフを地で行くシャケFにとっては好都合なライフスタイルというこで、妻も(どちらかというと妻が)やってみる気になりました。

もちろん、構造計算や主要な骨格構造は業者がやってくれます。我々は、室内の床貼り、壁塗り、ドアや煙突の取り付けを行うということで、この作業にかかる人件費を抑えることができます。煙突を自分で取り付けていれば、掃除の仕方もわかるかと・・・・。

友達や両親からは、「自分でホントに壁(漆喰)塗れるの?」とか「壁塗りはプロにやってもらわないと難しいよ~」とかか言われていますが、ハーフビルドの方が壁塗りなど、最初は手伝だったり、教えてくれると言ってますし、手作り感あふれる壁もいいな~と感じているので、今週中にでも、仮契約をしてこようと考えています。

今後、我が家の建設状況(セルフビルド状況)を随時ブログに書こうと思いますので、ご期待ください。我が家の合言葉は「Yes, we Build!」ですhappy01

|

« 「シャケのおへそ」へようこそ! | トップページ | ETC1000円・弾丸ドライブin福島 »

セルフビルド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1209371/29316788

この記事へのトラックバック一覧です: Yes, we Build!:

« 「シャケのおへそ」へようこそ! | トップページ | ETC1000円・弾丸ドライブin福島 »