« 破風(はふ)塗装 | トップページ | 土浦花火大会 »

窓枠のコーキング

9月26-27日

シャケFのセルフビルド(一部だけど・・・)も順調に進んでおり、今回は窓枠(外側)のコーキング処理を行った。

「コーキング」とは、窓と壁のつなぎ目から雨水が入らないようにするために、コーキング材をつなぎ目に入れていく作業だ。 この作業では、専用のガンを使ってドロドロのコーキング材を押し込んでいく。 今回使っているコーキング材の色は白なので、生クリームを押し込んでいくカンジだ。 コーキング材が窓枠に着かないようにマスキングテープを窓枠に貼てから、いざ作業開始dash

このコーキング作業でも、キングが類稀なる才能shineを発揮した。 マスキングテープを切らずに窓枠の四隅をに貼っていくし、コーキング材をつなぎ目に絶妙な量をバランスよく入れていくのだ。 

シャケがコーキング作業をやると、少し大目に入れすぎでしまい、その後のならす処理(入れたコーキング材をコテで押し込みながら、余分なコーキング材をとって平らにしていく作業)が大変になる。 

このため、シャケはコーキングをならす処理と、マスキングテープを剥がしてから縁を拭いて整える作業を担当した。 コーキング後の処理も早くやらないと、コーキング材が固まってしまうので、連携してやらないと上手くいかないのだ。

Photo 写真に撮ったキングの勇姿をご覧あれ! 屋根上でも臆することなく作業を行うキング。 まさに職人技goodである。

結局、2日間で窓10枚以上のコーキング処理を行った。 コーキング材を押し出すガンのレバーはことのほか重かったため、キングは腕がパンパンにはってしまったようだ。

927 大工さんの作業も、順調に進んでおり、正面(南側)以外の外壁は貼り終わった。 外壁を貼ると、濃い色のためか、ちょっとコンパクトになったように見える。

|

« 破風(はふ)塗装 | トップページ | 土浦花火大会 »

セルフビルド」カテゴリの記事

コメント

アポなしで作業の邪魔をした上におみやげのブドウまでもらってスミマセンでした。

投稿: こんこん | 2009年9月28日 (月) 07時36分

土曜は、そんなに仕事がたて込んでなかったので大丈夫ですよ。内装作業に入ったころの方が中もよく見れるのでお誘いしようと思ってたとこでした。
道も覚えたので、また遊びに来てネ。

投稿: キング | 2009年9月28日 (月) 20時03分

どうでもいい豆知識
巨峰は商標名で品種名ではないそうです
品種名は「石原センテニアル」というそうです

投稿: こんこん | 2009年9月29日 (火) 13時36分

ピオーネは巨峰とカノンホールマスカットの交配でできたものだって

投稿: こんこん | 2009年9月29日 (火) 13時54分

へぇ~!
こんこんさん!豆知識ありがとうございます。

投稿: シャケ | 2009年9月30日 (水) 07時21分

ところでシャケ邸は井戸ってありますか?

投稿: こんこん | 2009年10月 5日 (月) 14時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1209371/31548800

この記事へのトラックバック一覧です: 窓枠のコーキング:

« 破風(はふ)塗装 | トップページ | 土浦花火大会 »