« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

虹色の絵

保育園のクリスマスプレゼントは、カラフルなペンセットshine

早速、イクラは試し書きしました。なんか幸せそうな絵(*^-^) 大好きな車と虹です。

Photo_5

この明るい絵が黒で塗りつぶされるよな事がないように、これからも明るくのびのびした絵を描き続けて欲しいと思う母でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カラフルなモンブランケーキ

シャケ・ファミリー3人でショッピングセンター内を散策していると、ケーキ全品が半額との掲示が・・・・。

行ってみると、普段は290円のモンブランケーキが、タイムサービスで半額とのことで、色とりどりのモンブランケーキが並んでいました。

イクラは王道の栗を選択catface

シャケは、最後の1コだった抹茶をチョイスcoldsweats01

合計で4つのモンブランケーキを買いました。

Photo

・・・・なぜ、4つなのかsign02。それは、キングがパンプキンとダブルチーズで迷った結果、どちらかに決められなかったので、2つともお買い上げしたからですcoldsweats01

家に帰って、4つの味を食べ比べhappy02。シャケとイクラは、王道の栗が一番美味しかったのですが、キングはパンプキンがベストだったようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SLに乗って

ママ(キング)が、「お茶碗を買いに益子に行きたいheart04」というので、いつものように3人で出掛けましたrvcardash

益子と言えば、真岡鉄道のSLが走っているところだねと話していたら、線路脇でカメラを構える人たちを発見catface。・・・もしや、そろそろSLが来るのでは?flairshine

益子駅に向かうと、もうちょっとでSLが到着とのこと。ローカルな駅とあって、駅員さんがホームに入れてくれました。

Sl_3

SLが到着すると、イクラが「SLに乗って見たいheart02」と言い出しました。駅員さんに聞くと、キップはSL内でも買えるとのこと・・・・。

陶器店の中でイクラに走り回られると、親としてはきがきではいられないので、ママだけが益子に残り、イクラとパパ(シャケ)は、そのままSLに乗っちゃいましたrunrun

Sl2

車内は、クリスマスとあって、サンタbellやもみの木xmasで装飾されていました。結局、終点の茂木駅まで行ってみました。

Sl3

茂木駅では、SLの方向転換するところを見学。帰りは普通の列車でもどりました。

イクラは列車の中で、しばし熟睡sleepy。ママ(キング)は、良さそうな茶碗が見つかったかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サンタさんへの手紙

毎日、毎日サンタさんへ手紙や欲しいものの絵を書き続けたイクラ。何でも、サンタさんはあわてん坊なので、間違えたり、忘れたりしたら困るらしいのです。

Xmas_2

我が家のサンタは、準備良く12月上旬にはプレゼントを準備して、押入に隠しておきました。

しかーし、クリスマス2、3日前にリクエストのオモチャが変わりサンタもびっくりでしたcoldsweats02

じーじとにーにへ、クリスマスに欲しいものとして、別々のリクエストをしているあたり、イクラ知能犯だなぁ〜 。

25日の朝、晴れて、イクラ待望のサンタさんがやって来ましたsign02

Xmas_3

準備しておいたプラレールを見つけ、大喜びのイクラlovely。(親としてもホット胸をなでおろしました)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Xmasケーキ作り

今年は、ママ(キング)とイクラがXmasケーキbirthday作りに挑戦dash

Xmas

スポンジケーキは買ってきたようですが、甘さ控えめの豆乳クリームを塗って、イチゴやら、チョコチップでトッピング!!

Xmas1

できあがりは、こんな感じ。裏のじいちゃん、ばーちゃんにも見せ、一緒に楽しくいただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エッグタイマー???

最近、ママ(キング)は、変ったキッチン用品の購入に目覚めています。

こちらは、エッグタイマーなるもの・・・・???。

Photo_3

鍋にタマゴと一緒に入れて使います。これで、タマゴの半熟度合いがわかるそうです。

Photo_4

こちらは、三日月型の栓抜き。

Photo_2

ビンの栓を抜くときに、こんはカンジで使うようです。・・・・デザイン的にはカッコイイんですが、機能的には、ちょっと開けづらい。

Photo

こんな便利?グッズも面白いですよね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

巨大焼きイモ

とある田舎道をドライブしていると、道端に見えた農作物の無人販売所に何やら大きな紫色の物体が並んでいるような・・・sign02。キングがこれに気づき、さっそく車をUターンして物体を確認しました。

するとイクラの顔よりも大きなサツマイモが並んでいました。早速、うまそな2つを購入して、家で調理することに・・・。

今回は、ダッチオーブン(アウトドア用の鉄鍋)を使って、薪ストーブで焼きイモを作ってみることに・・・happy02。先日ツインリンクもてぎに行った時に、ダッチオーブンで作った焼きイモを試食してlovely、我が家でも挑戦したいと思っていたところなのでしたhappy01

ダッチオーブンで作る焼きイモは、水をコップ一杯いれることで蒸した後に、イモの表面に焦げ目をつけるようにして出来上がりです。アルミホイルに包む必要がなくて、とても綺麗にできあがるようです。

Photo_2

家にあった2本のサツマイモと一緒に巨大サツマイモ一本を焼いてみました。イモが巨大なので1時間くらい焼いたのですが、火が強かったせいか、こげ過ぎてしまいましたcoldsweats01

Photo_3

ダッチオーブンでじっくり焼いたこともあり、巨大焼きイモのなかまで火が通っていましたcatface。しかし、これだけ大きいと、ちょっと中心部はすじばっていたかな?coldsweats01

次の機会には、もっと上手に焼けるように修行しますdash

| | コメント (2) | トラックバック (0)

イクラ’sタウン増設

最近は、トミカよりもプラレールに興味があるイクラ。

12月に入ったばかりだというのに、クリスマスプレゼントとしてニーニにお願いしていたプラレール(N700系スタートセット)が届いたというので、早速、ニーニのもとへrvcardash

S

頂いてきたプラレールとこれまでにもっているプラレール、そしてトミカタウンをくっつけて、イクラの一大タウンを製作dash

本人は大満足のようですhappy02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

七五三参り

12月の吉日。 ちょっと時期がおそくなりましたが、イクラの七五三参りに筑波山神社へ出かけてきました。吉日とあって結婚式が2~3組行われていました。我々は七五三参りといっても普段着でのお参りですcoldsweats01

Photo_4

Photo_5

お賽銭を入れて、イクラの成長を祈った後、神社内でご祈祷してもらうことに。シャケは何度か筑波山神社内でご祈祷したことがあるのですが、イクラとキングははじめてです。

Photo_6

ご祈祷風景はちょっと写真が撮りにくかったので、ご祈祷場所に向かう通路でcamerashine

Photo_7

その後、ケーブルカーに向かう道を歩いてみると、ちょうどモミジの紅葉が見ごろをむかえていました。今年の紅葉は例年よりも遅いようですが、色づきは良いようです。

初冬の穏やかな日に、無地に七五三参りを行うことができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京モーターショー

たまたま東京モーターショーのチケットが手に入ったので,イクラと2人で行って来ました。キング(ママ)は後から合流するとのこと。

開場前についたので,入り口付近には長蛇の列coldsweats02。開門してからちょっと待って入場しました。

入ったところで、アニメ映画で話題となったマックウィーンを発見happy02。早速,イクラと記念撮影camerashine

Photo

開場内では,国内外国のスポーツカーからバス・トラックに至るまで色々とみたり乗ったりしました.

Photo_2

こちらは,Volvoの大型トラック座席に座ったイクラさんです。広い会場を見て周ったからか,イクラは2時から,しばし開場のベンチでお昼ねをしましたcoldsweats01

Photo_3

寝起きは多少ぐずっていましたが,がぜんやる気を取り戻したのはトミカブースでした.モーターショー限定のバスを見つけると,そのまま並びバスを買わされることに・・・coldsweats01

Photo_4

また,2年後の東京モーターショーにも来ることでしょう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

鉄ちゃん_イクラ2

モーターショーに行くみちすがら、東京駅で前回E5系(はやぶさ)が見れなかったので、リベンジとして、入場券を買って新幹線ホームを訪れましたdash

E5

今回は、時刻表を確認して、E5系shineに初対面。パパ(シャケ)もE5系を見るのは初めてhappy02。先端ノーズの長さに感動crying

Nex

ついでに、NEX(成田エクスプレス)までもカメラcamerashineに収めてきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »