« 我が家の放射能測定 | トップページ | 湯西川温泉旅行 »

壊れた薪ストーブ

それは、ごく普通に薪ストーブで焼きイモを作ろうとした時におこりましたweep

我が家の薪ストーブには、12インチのダッチオーブン(鉄鍋)まで入るため、このダッチオーブンにイモを入れて、薪ストーブの扉を閉めようとしました。

しかし、薪ストーブの中で燃えていた薪が大きすぎたのか、ダッチオーブンの縁があたって、あとちょっとのところで閉まりません。そこで、少し強引に閉めようとしたその時でした。

「ピキ!」というイヤな音coldsweats02coldsweats02coldsweats02・・・・・そうです、扉のガラスが割れてしまいましたcryingcryingcrying

Photo

すぐに薪ストーブを買ったお店に電話すると、扉のガラスだけ取り寄せることはできるけど、正月休みなので時間がかかるとのこと・・・weep。できるだけ送ってもらえるように依頼しました。

それからは、極寒の生活がはじまりました。・・・とは言っても、エアコンは使えたのですが、薪ストーブのように家全体を温めるまでには至りません。改めて、我が家には薪ストーブが必要なことがわかりました。

Photo_2

約1週間後、扉のガラスが届いたので、早速取り付けてみました。ピカピカshineのガラスなので新品の薪ストーブのようです。

とはいえ、ガラス代と送料で、27,000円也。高い焼きイモになりました。そうそう、12インチのダッチオーブンは封印しました。

|

« 我が家の放射能測定 | トップページ | 湯西川温泉旅行 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1209371/43942965

この記事へのトラックバック一覧です: 壊れた薪ストーブ:

« 我が家の放射能測定 | トップページ | 湯西川温泉旅行 »