« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

新米使って跳び箱練習

先日の祖父母参観で、跳び箱を披露したようなのですが、イクラはうまく飛べなかったようですbearing。 イクラのクラスの過半数が跳べていたようで、ばあちゃんもがっかり。 イクラのパパとしても、イクラが運動能力に長けていると思っていたので、がっかりです(親バカでしょうか?)。

このため、何かイクラの跳び箱の練習になるものを見つけていました。 ちょうど今は秋、今年は例年よりも採れなかったようですが、収穫されたお米の袋が実家の倉庫前に積まれていました。

そうだflair、米袋を跳び箱にしよう! 重さもあるので、跳び箱にちょうど良さそうscissors

Photo

最初は米袋2段から挑戦sweat01。 はじめのころは跳べないでいたイクラも、徐ヶに跳べるようになってきました。 シャケはもとより、ばあちゃん&じいちゃんがイクラに声援をおくります。

2_2

最終的には米袋3段を飛べるようになりましたhappy02

次の日、保育所に行って跳び箱をやったそうですが、急にイクラが跳べるようになったので、皆びっくりしたようです。 イクラも自慢げcatfaceにはなしていて、跳び箱が大好きになりました。

今は、イクラのはしゃぎ過ぎに、ちょっと困っています。

3_2

今日の朝食は、新米のタマゴかけご飯bleah。 おいしく新米をいただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京タワーに階段で登りました!!

遠くからは何度も見ていたけれど・・、一度も登ったことがなかった東京タワー。 今回は、イクラがバーバの家に泊まっているので、キングと二人で東京タワーの大展望台へ登ります。 それも階段で挑戦dash

1

近くでみあげると、やはり東京タワーは高い。 空いていると思いきや、スカイツリーとの相乗効果なのが、意外とにぎわっています。

2

それでも、昇り階段は空いていました。大展望台までの昇り階段の入り口は、フットタウン屋上にあります。 そこには係りの人が立っていました。 なお、エッファル塔は、徒歩とエレベーター利用で料金が違いますが、東京タワーはどちらでも同じ料金(チケット)です。 

3

それは、出発です。 直線で15段程度の階段を折り返しながら昇ります。 区間毎にノッポ君が高さとうんちくを教えてくれます。

4

5

大展望台のすぐ下まで到達すると、係りの方が「ノッポン公認 昇り階段認定証」を手渡してくれました。 階段で昇った人しかもらえない、非売品だそうです。

6

大展望台のガラス床のところで、認定証といっしょに記念撮影。 高所恐怖症の方にはたまらない風景でしょう。 私もガラスの上を歩けませんでしたcoldsweats01

7

大展望台からは、遠くにスカイツリーが見えました。 その上の特別展望台にも昇りたかったのですが、エレベータ前の行列にあきらめました。 なお、特別展望台へは階段で昇れません。

8

キングは昇りでヘトヘトのようなので、下りはエレベーターを使いました。 飾ってある写真をみると、東京タワーから眺める夕暮れや夜景も綺麗なので、今度は夕暮れ時に昇って見たいと思います。

また、幼稚園生でも階段で昇れそうですので、今度はイクラを連れてきたいと思います。

皆様も東京タワーに行く際には、階段で挑戦してみては?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

有名人が座ってる東京駅前

東京駅丸の内側から歩いてすぐの丸の内仲通りは、大手町と有楽町をつなぐ1.2キロの道です。 石畳に囲まれた通り沿いには、セレクトショップやカフェが建ち並んでいます。 街路樹の木漏れ日のなかを歩いていくと、ベンチに仮面ライダーが座っているではありませんかcoldsweats02

Photo

これは、「ベンチアート2012」というイベントで、時代をリードしてきた著名人や人気子役をモチーフにした等身大のオブジェ:20点が飾られているようです。

キングは坂本龍馬に幕末後の日本の歩みについてこっそり耳内smile

15

シャケは白鳳につっぱりを試みましたdash

2

その後、エスカレートして、ジャイアント馬場に空手チョップを試みるキングcoldsweats02

25

小栗旬には彼女のようにより沿っています。

3

なぜかシャケは、福原愛ちゃんにラケットて打たれるしまつ・・・coldsweats01

35_2

オアゾビル入り口には、東京駅をまっすぐ見据える袴姿のおじさんが・・・。この方こそ、東京駅の設計をした武士であり、建築家でもある「辰野金吾」です。

10月1日には東京駅がリニューアルされますが、戦争を経て移りゆく東京駅をどう感じているのでしょうか?

Photo_2

このイベントは、10月14まで行われているようです。もし東京駅に行く機会がれば、アートベンチを訪れてみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東洋のドーバー「銚子ジオパーク」

ジオパークgeopark)とは、地球科学的に見て重要な自然の遺産を含む、自然に親しむための公園だそうです。

最近、銚子も「銚子ジオパーク」として、いろいろなイベントを催すなど、ジオパークとして売り出しているようです。

犬吠埼灯台の地層も白亜紀の地層として有名のようですが、シャケファミリーは長崎海水浴場付近から灯台を眺めました。

W1

まだまだ暑いのですが、海水浴場に客は無し。 夏の終わりの海をのんびり眺めるのも良いものです。 岩場の方に行くと貝や魚採りをしている家族がいました。 

W2

次に「銚子マリーナ」に向かいました。 ここには海水浴や水遊びを楽しむ家族が数グループいました・・・・とはいっても、砂浜は閑散としており、海の家は閉じられています。 W3

個人的はこんなのどかな海の方が好きです。イクラは裸足になって波ぎわを走っています。

「銚子マリーナ」のすぐ隣りに東洋のドーバーと言われる「屏風ヶ浦」がありました。見学用の歩道も整備されつつあり、ジオパークとして売り出していることがわかります。

W4

確か、ドーバー海峡のホワイトクリフは白い岩肌だと思うのですが、ここは黄色や黄土色のしま模様になっていています。このしま模様というのも、これまた綺麗です。

W5

地質学や地球科学とういうものはよく知りませんが、この風景をみると、地球は生きているなと実感します。

W6

イクラとママ(キング)を探していると、裸足で防波堤を歩きながらscissorsしてましたcoldsweats01

W7

夏の終わりの穏やかな1日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

330°の大パノラマ「地球が丸く見える丘」

銚子電鉄を乗り終えたあと、近くにある「地球の丸く見える丘」にいっていました。

ちょっと、その前に腹ごしらえ。13時を過ぎ、お腹ぺこぺこ(その割には、鯛ヤキやねれ煎を食べている)coldsweats01。 地球の丸く見える丘のすぎ下にあるレストランに入りました。

ここのレストランは窓からの景色が最高です。 まるでヨーロッパのよう・・・なんてね!

Photo

イクラがオムライスを食べたいというので、パパ&ママはパスタの大盛りを注文してシェアすることに。 すると、でてきたパスタはホントに大盛りcoldsweats02

2_2

ちょっと塩味が強めでしたが2人で食べても充分な量でした。オムライスもボリュームがありましたが、ほぼ全部をイクラが食べてくれたのでよかったcoldsweats01

お腹が満たされたので、ここから歩いて「地球が丸く見える丘展望館」へrunrunrun

入場料を払い展望館のR階の「展望マウント」から見渡すと、右も左も海・海・・・・の大パノラマ。360°中330°まで水平線がみれるようです。

早速、カメラのパノラマ機能を使って撮影してみました。パノラマ機能でも360°を写すのはできないようです。

4_2

晴天ということもあり、ぼんやりとですが、筑波山も見れました。また、銚子は最近「ジオパーク」としても売り出しているようです。その代表格でもある「屏風ヶ浦」も見えました。

次のブログでは、ジオパークなど銚子の海岸線を歩いてみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

銚子電気鉄道

イクラのおかげで、電車旅に勢いづくシャケ・ファミリー。 今回は志向を変えて、レトロな鉄道を求めて銚子にやってきました。

出発点に選んだのは、銚子電気鉄道の終点「外川駅」scissors。 外川駅前では、何やらテレビ局が取材をしていました。 なんでも日本の終点駅を撮り集めているとか・・・・。 鉄ちゃんファミリーとして、取材されましたので上手くすれば10月に放映されるかもwink

2

ここから、お得な1日乗車キップ(ぬれ煎付き)を買って、銚子電鉄の全線を乗ってみることに。 ホーム前には、ぼろぼろになった「デハ801」が置いて(かざって)ありました。この塗装色が銚子電鉄のオリジナルカラーだそうです。

3

白地に犬望崎の絵がプリントされた電車が到着したので、早速乗り込みますrunrunrun

4

最初に降り立ったのは、観音駅。駅舎のかたちもユニークなのですが、ここでは名物の鯛焼きが売っています。

1

早速、おめあての鯛焼きを購入catface。厚みのあるタイヤキでアンコたっぷりhappy02

15

終点の銚子駅で駅周辺の写真を撮った後、押し返して仲ノ町駅を目指します。

仲ノ町駅には銚子電鉄の車庫があり、古い車両を見学できるとのこと。 車庫内を見るには、150円かかりますが、入場券として昔ながらのキップがもらえました。

6_2

そしてここには、日本一短い列車と言われる「デキ3」があります。昔は黒かったようですが、現在は銚子電鉄オリジナルカラーに塗り変えられていました。

この車両は駆動機構を持たない列車を牽引する車両のようで、定員2名のほんと短い列車でした。

7_2

そしてシャケが乗って見たいと思っていたの緑色の「2000系」が来ました。これに乗って、次は犬吠駅をめざします。 犬吠駅は1日乗車券についている交換券で、ぬれ煎をもらい美味しくいただきました。

8_2

銚子電鉄は廃線の危機にさらされましたが、鉄道ファンや地元の人々に支えられ廃線を逃れてきました。銚子駅から折り返す際には、土日とあって多くのカメラを抱えた人で電車内はいっぱいでした。

シャケファミリーも、こののどかな銚子電鉄がいつまでも存続して欲しいと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

話題の観光地スカイツリーへ行ってきました

いつも遠くから眺めていた東京スカイツリー。開業100日にして、延べ来場者数は、日本人の約8人に1人が訪れた計算になるそうです。ならば行かねば。

Ni

こちらは、お泊りしたリョウマ君の家のベランダからの風景。

都内の夏って暑いかと思いきや、涼しい風は吹いて、スカイツリーの夜景にうっとり。

M

子供たちも頑張って早起きしてついに東京スカイツリーの真下へ到着。

見上げるとデカイ!!

想像以上のド迫力にいつもより空が高く見えます。

E

こちらは江戸切子のエレバータ。ぜんぜん揺れません。

V

ガラス窓から見える地上。

リョウマ君が自宅を探しているので、イクラも対抗して我が家を探します。

しかーし筑波山は遠い。。。。少し曇っていたので発見できず。

G

ガラス床。くらくらするー。

T

そしてこちらが、イクラのおめあて、ソラマチにある「トミカ&プラレールショップ」。

イクラの好きなものが軒を並べる、イクラにとったら聖地ともいうそうな場所。

楽しい東京見物できました。リョウマ君、りのちゃんありがとう。今度は筑波山から見る夜景を見に来てねん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お仕事体験、東京キッザニア

ずっとイクラと行きたかったキッザニア。

夏休みも終わってさぞ空いているだろうと予想して初進入。

エントランスはANAのチェックインカウンター。なんかワクワクするー。

Photo

ここは、普通の町のミニュチュア版。

はとバスやクロネコヤマトや、消防車、救急車も走ります。

あっ。道端に子供の人形が倒れてる!!

サイレン鳴らして救急車登場。すぐに応急処置開始。

おもしろいけど、イクラはこれを見てテンションダウン↓↓

臨場感ありすぎで怖かったみたい。

2

そんな訳で、平和なジューススタンドでお仕事。

ママは中に入れないので、窓越しで見つめるしかありません。

あー手を切りそうでハラハラする母。

3

イクラのお目当てトミカ。

すごく並ぶのに、ぜったい行くと言い張り、リョウマ君を巻き込み参加。

こちらは、お仕事じゃなくて自分で稼いだお金を支払って体験するお店。

4

そして、またまたイクラの趣味の三菱自動車でカーデザインのお仕事。

リョウマ君ごめんね。イクラの我がまま。。。。。。

6

コカコーラのボトリング工場。

この時すでに20:30過ぎ。相当ねむい二人。

抜け殻のような顔して必死にお仕事。

8

第二部から入場したので16:00から21:00まで働きっぱなしの子供たち。

あっと言う間の5時間でした。とてもすべてのお仕事体験できません。

親心としては、ヘルメットをつけるカッコいいお仕事も体験してもらいたかった。

ヘルメット系は人気もあり、何よりもイクラがかたくなに怖がり、家でもできませんかそれ??的な仕事をしてきました。

でも、お金を稼いで、そのお金を使って、最後に、稼いだお金を銀行口座ひらいて貯金してきました。「ぼくお金いっぱいあるよ♪」と三井住友のカードをチラつかせる5歳児。また来ようね。今度はガテン系のお仕事挑戦してみようね。

9

因みにこちらは消防団員。

燃えてるビルめがけて消火活動!!楽しそうー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »