« 330°の大パノラマ「地球が丸く見える丘」 | トップページ | 有名人が座ってる東京駅前 »

東洋のドーバー「銚子ジオパーク」

ジオパークgeopark)とは、地球科学的に見て重要な自然の遺産を含む、自然に親しむための公園だそうです。

最近、銚子も「銚子ジオパーク」として、いろいろなイベントを催すなど、ジオパークとして売り出しているようです。

犬吠埼灯台の地層も白亜紀の地層として有名のようですが、シャケファミリーは長崎海水浴場付近から灯台を眺めました。

W1

まだまだ暑いのですが、海水浴場に客は無し。 夏の終わりの海をのんびり眺めるのも良いものです。 岩場の方に行くと貝や魚採りをしている家族がいました。 

W2

次に「銚子マリーナ」に向かいました。 ここには海水浴や水遊びを楽しむ家族が数グループいました・・・・とはいっても、砂浜は閑散としており、海の家は閉じられています。 W3

個人的はこんなのどかな海の方が好きです。イクラは裸足になって波ぎわを走っています。

「銚子マリーナ」のすぐ隣りに東洋のドーバーと言われる「屏風ヶ浦」がありました。見学用の歩道も整備されつつあり、ジオパークとして売り出していることがわかります。

W4

確か、ドーバー海峡のホワイトクリフは白い岩肌だと思うのですが、ここは黄色や黄土色のしま模様になっていています。このしま模様というのも、これまた綺麗です。

W5

地質学や地球科学とういうものはよく知りませんが、この風景をみると、地球は生きているなと実感します。

W6

イクラとママ(キング)を探していると、裸足で防波堤を歩きながらscissorsしてましたcoldsweats01

W7

夏の終わりの穏やかな1日でした。

|

« 330°の大パノラマ「地球が丸く見える丘」 | トップページ | 有名人が座ってる東京駅前 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1209371/47172019

この記事へのトラックバック一覧です: 東洋のドーバー「銚子ジオパーク」:

» 「銚子ジオパーク」認定 貴重な地形、県内で初 [ローカルニュースの旅]
貴重な地形や地質を保全して活用する日本ジオパークに、犬吠埼や屏風ケ浦など銚子市特有の地形や地質が「銚子ジオパーク」として認定された。ジオパーク活動を審査する日本ジオパーク委員会が24日、決定した。県内では初めて。... [続きを読む]

受信: 2012年9月26日 (水) 20時01分

« 330°の大パノラマ「地球が丸く見える丘」 | トップページ | 有名人が座ってる東京駅前 »