« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

隠れ家的蕎麦屋「ゐ多(いだ)」

我が家の近くには、「男の隠れ家」など数々の雑誌にも取り上げられた隠れ家的蕎麦屋がある。 その名は「ゐ多(いだ)」。 古い民家の柱や格子戸等良いものは活かして使い、古いものと新しいものが組み合わさったたたずまいは、店主のこだわりが感じられる。Photo_3

これまで、店の名前や場所は知っていたのだが、蕎麦にしてはちとお高いのと、店主がこだわりを持った人だと聞いていたので、敷居が高くて店に入ったことはなかった。 今回、イクラがばーばの家に遊びにいったので、妻(キング)とこの店を訪れることにした。

Photo_4

店に入ると、囲炉裏端があり、重厚な趣。 待つ間には、抹茶とお菓子が出され、かすかにJAZZがかかっていることに気づくcatface

Photo_5

シャケは、この店で有名な鴨汁蕎麦をチョイス。 キングは「10食限定」にひかれ、カレー蕎麦を選んだ。どちらも2000円以上する。 こちらが、カレー蕎麦。 蕎麦とフランスパンの組み合わせ・・・・sign02。 蕎麦は極太であるcoldsweats02

Photo_6

そして、こちらが鴨汁蕎麦。 店主によると、フランス料理にも使う鴨肉だそうで、生でも食べられるとのこと。 そしてこの料理は、店主自らが調理して食べさせてくれるcoldsweats01

Photo_7

・・・というか、この料理は、店主が主導権を持ち、お客は店主の言うがままに食べなくてはならない。 好き勝手に食べてはいけないのであるcoldsweats01

Photo_8

店主によると、この鴨汁蕎麦は5つの食べ方があるという。(1)何もつけずに蕎麦のみを味わう。 (2)つけ汁につけて蕎麦を味わう。 (3)鴨肉を入れてダシが出たつけ汁で味わう。(4)薬味を入れたつけ汁で味わう。そして、鴨肉を焼いた鉄板に蕎麦を入れて焼いて味わう(下の写真)が5番目の食べ方である。 これがホントの焼き蕎麦sign02

Photo_9

自分のペースでゆっくり味わいたい気もするが、店主のこだわりを感じながら、最良の食べ方を味わうとうい点では良いのかもしれない。 店主も「この店は、お客様が中心ではなく、俺が中心の店だ!」と言っていた。 店主の話も面白い。 この料理で、このお値段なら納得した。

店に客が混んでくると、店主は大忙しだ。 鴨汁蕎麦をオーダーした客席で調理と指導を繰り返していた。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

待ちぼうけ

保育所で、友達と日曜日に会う約束をしてきたイクラ。男の子と会うのに、いつもとちがって自分の服装をチェックしていますcatface

Photo

しかし,約束の場所で待っても友達は現れずweep。 親に止められたのか、一人で待ち合わせ場所に来ることができないのでしょう。 イクラも待ち合わせ場所までママ(キング)に連れてきてもらっています。

Photo_2

もうちょっと大きくなったら、一人で友達の家に遊びに行けるようになるんでしょう。

後日,また同じような約束をしてきましたcoldsweats02。 また待ちぼうけになるよ!イクラ.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

筑波山頂から(昼間から夜まで)

筑波ロープウェイでは、スターダストクルージングと称して10月から3月まで夜間運行(17~21時)を行っており、夜の空中散布ができるそうです。 紅葉には、ちょっと早いのですが、スターダストクルージングも含め、筑波山登山にでかけました。

筑波山の麓(筑波山神社)についたのは、午後3時。 来た人より帰る人が多い時間です。 まずは、栗ソフトを堪能。

Photo_4

イクラとキングはケーブルカーを使って、山頂に向かいます。 山頂からの下り列車は帰るお客さんで満員です。 一方、シャケは登山で山頂を目指します。

Photo_5

筑波山の尾根にある「ガマ岩」付近で、シャケはイクラとキングに合流。 ここからは一緒に女体山山頂を目指します。 女体山山頂に到着したのは、PM4時ごろ。 日差しはやや斜めになってきました。 

前回山頂を訪れた時は、岩場を恐がっていたチキン♥のイクラwobbly。 今回は、成長して岩場を飛び周り、注意するくらいにヤンチャになりました。 

Photo_6

日中は、様々な格好の団体や家族でごった返していた山頂も、いつのまにか数組の家族になり、静かに夕暮れを待ちました。 今日は地平線付近に雲がかかっているため、地平線に沈む太陽は見れませんでしたが、男体山越しに見える夕陽は幻想的ですcatface

Photo

太陽も沈み、街の明かりも点灯しはじめました。暗くて見えにくいかもしれませんが、星空のようにも見える天空の上に立っているカンジです。 この時間まで残っていたのは、我々を含め3組。 足元をよく確認しながら、ロープウェイ乗り場を目指しました。

Photo_8

ロープウェイ乗り場の展望台まで行くと、夜景を見に来たカップル達でいっぱいでした。 ここからの眺めでも十分夜景を楽しめます。 ロープウェイに乗ると、まさにスターダストクルージングsign03 

Photo_9

でも、やっぱり一番感動したところは、女体山頂で眺める夕陽と夜景でした。 人混みがなかったのも感動できた要因かもしれません。 そうそう、ロープウェイの夜間運行中は、ロープウェイ乗り場の展望台以外は立ち入り禁止なので、日没前に山頂に登って待ちましょう。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

珍果実(キワーノ)収穫&試食

デッキのグリーンカーテンとして育てていた「キワーノ」なる珍果実を、ついに収穫しました。 収穫できたのは、3個。 ちょっと青いものもありましたが、グリーンカーテンの撤去にともない収穫してしまいました。

Photo

キワーノは、実にトゲトゲがあるので、実を採ったりするのも一苦労。 イクラは触ると痛いと言って、持とうともしません。

そうそう、ネットと調べたところによると、キワーノは収穫してから1週間程置いてから食べると良いようです。

Photo_2

そこで1週間待ってから、包丁で2等分してみました。 すると中から鮮やかな緑色の種が出現。  食べるのは中の種部分をヨーグルトに混ぜて、食感などを楽しむとのこと。 早速、ヨーグルトにかけてみました。

Photo_3

食べてみると、ほとんどヨーグルトの香り&味しかせず、見た目の鮮やかさと、プルプルとした食感があるだけです。 マグネシウムなど健康に良い成分が多く含まれているとのことですが、フルーツとして楽しむには、どうかと・・・。 イクラもヨーグルトにかけたキワーノを食べてみまた。

Photo_4

他のブログにも書かれていましたが、「キワーノ」を買ってまで食べる気はせず、来年グリーンカーテンとして我が家で育てることはないと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イクラの運動会

昨年は、骨折により運動会に参加しなかったイクラ。 今年はイクラも保育園の年長さん。早いもので、保育園最後の運動会です。

Photo

この保育園では、今年新たな取り組みをしているらしく、障害物競争は皆、はだしで行います。 こちらは、縄跳びをしながら駆けだすイクラの様子。 運動神経は良いと思っていたのですが、 割りと不器用coldsweats01。 両親ともに、不器用ではないと思うのですが、誰に似たのでしょう?

Photo_2

今年卒業する年長さんには、園長先生から、一人一人にメダルをかけていただきました。イクラもメダルをもらって、友達と一緒にご満悦の様子。

Photo_3

来年はイクラも小学生になります。 仲の良かった友達とは、小学校違いで離れてしまいますが、また新しい友達が増えることでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

安曇野散策

長野弾丸旅行3日目。昨夜は、愛車で車中泊しました。 早く目覚めたので、安曇野からの原風景を求めて写真を撮りながらのドライブ。

Photo_2

途中で、無料の足湯を見つけたので入ってみました。 ちょっとい恐い八面大王の像がありますが、朝から足湯でいい気分ですhappy02

Photo_3

のどかな道端では、「道祖神」をみつけました。 安曇野周辺には、昔から道しるべ代わりに「道祖神」が置かれていたようです。 男女ペアを彫った石像ですが、どれも色んな表情が違いますwink

Photo_8

熱気球がみえたので向かってみると、熱気球体験をしていました。 しかし、ちと値段が高めなので断念think。 大王わさび農園でボート体験も行っていると聞き向かいました。

Photo_4

大王わさび農園では、晴天とあって、ボートの参加者も続々と集まってきます。イクラと2名で申し込みrunrun(キングは陸から眺めるとのこと)、早速、ボートに乗り込みます。 川はわき水のため、非常に澄んでいて、穏やかな流れです。

 Photo_5

上流へ漕ぎ上がっていくと、インストラクタが「足を付けてもいいよ!」と言うので、イクラが靴を脱いでお試し。 しかし、足首までつけよゆとしたら、ボート縁からドボンcoldsweats02。 イクラのひざ丈くらいの深さだったので、ズボンがちょっと濡れた程度で、すぐに引き上げました。

Photo_6

インストラクタの話では、秋になってはじめてのドボン(川落ち)だったそうです。 夏には学生などがボートから落とし合いをしたそうですガ・・・。 水の中は、水草が生い茂っていました。

Photo_7

また、川端には水車小屋が建てられています。水辺からみる水車小屋を風情があって良いものです。

Photo_9

車のパンクになど、いくつかハプニングもありましたが、楽しい長野旅行でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

立山・黒部アルペンルート

そろそろ紅葉の便りが聞かれる季節になってきました。 シャケ・ファミリーは、前から行ってみたかった立山・黒部アルペンルートへ、例によって弾丸ツアーを慣行しましたgood

金曜日の夜に家を出発。 真夜中に高速道路をつっぱしり、いざ長野へrvcardashdashdash。 途中、右後輪のパンクに見舞われましたがcoldsweats02、車を修理工場に預けてアルペンルートの玄関口である扇沢駅になんとかたどりつきました。

扇沢駅からは、トロリーバスに乗って黒部ダムへ。

Photo

ここでは、虹のかかったダムの放水風景を見ることができました。 黒部ダムの放水というと、「ゴー」っという、重々しい音を想像していましたが、渇水ということもあり「サー」というシャワーのような軽い音だったので以外でした。 ここのレストランでは、名物であるダムカレーを堪能restaurant

Photo_4

黒部ダムからは、ケーブルカー、ロープウェイを乗り継いで、黒部平を目指します。 標高差500mのそそり立つ山肌を約7分で一気に上がる立山ロープウェイは、紅葉のまっさかりmaple。赤や黄色に色づいた木々がホント綺麗でしたhappy02

Photo_2

立山ロープウェイは、途中、支柱となる柱は一本もありません。景観を邪魔するものがないので、素晴らしい自然の景色を堪能できます。

Photo_3

そして驚いたのが、訪れている人々が多種多様なこと。 3000メートル級の山々が連なる北アルプスなので、大きなリックを担いだ登山者も多いのですが、2000メートルを超える場所に簡単にアクセスできるとあって、妊婦や、1歳くらいの子どもを連れた方から80歳を超えるだろうと思えるおばあちゃんまで来ていましたcoldsweats02。 イクラのために、酸素ボンベを買ってきたのがバカみたいbearing

そして、立山トロリーバスに乗って、室堂へ。 立山トロリーバスはずっとトンネル内を走ります。 それにしても、よくこんな山の中にトンネルを掘れたのだと関心しますthink

室堂も紅葉のまっさかりを迎えていました。 ここからは、歩いて今日の宿泊場所である「みくにが池温泉旅館」を目指します。

Photo_6

みくにが池温泉の旅館は、山の斜面に建てられており、眼下に源泉の湯けむりが見える絶景でした。

Photo_7

山の上のお宿とあって、山小屋に近い感じかと思っていましたが、建物の外観も比較的きれいで、夕食もおさしみやホタルイカの沖漬けまでついていたので、いい意味で予想外でした。 なんでも富山湾でとれたおいしい魚がここまで届くのだそうです。

Photo_8

次の日は、室堂から天狗平周辺を散策。 

Photo

紅葉したななかまどの後に剣岳をみることもできました。 山頂が雲に隠れている山が剣岳だそうです。

Photo_9

アルペンルートを堪能した後、同じようにトロリーバスやロープウェイを乗り継いで扇沢駅にもどりました。車もパンク修理を終え、新しいタイヤにはきかえられていました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

筑波りんりんロード 10キロ制覇

自転車がみるみる上達しているイクラwink。 先日は、廃線跡を自転車専用道とした筑波りんりんロードの1駅区間(約4キロ)を自転車で往復できましたhappy01

今日は、シャケとイクラで、りんりんロードの筑波休憩所から真壁休憩所の区間、駅にして3駅区間(約10キロ)に挑戦ですdashdash

1

いつのまにか、秋が訪れとともに道端にススキが見られるようになってきました。

Photo

今回走った区間には、りんりんロードを整備された方のちょっとした遊びが盛り込まれています。 イクラは、このUp& Downの坂道が気に入ったらしく、繰り返し走りました。

4

ちょっと無理(イクラが疲れたようなら途中で引き返そう)かと思っていた距離ですが、いつのまにか真壁駅まで到着していましたcoldsweats02

2

ちょっと前までは、少しの下り坂だって自転車で乗れなかったイクラですが、今では、ホーム跡からの急な下り坂だって簡単に乗れちゃいます。

3

真壁到達記念に、りんりんロードの地図の前でcamerashine。往復にすると20キロになりますcoldsweats02。 今度は、終点の岩瀬駅(片道約20キロ)に挑戦だsign03

Photo_2

そうそう、りんりんロード近くにある大榎のヒガンバナも見頃を迎えました。連日、写真愛好家で、ちょっとだけにぎわっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »