« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

プラレール棚作り

最近、1階の和室はイクラのプラレールやトミカで足の踏み場もない状況coldsweats01。 特に、プラレールは、トミカと比べて大きいので、おもちゃ入れの棚の上に並べられない数になってきましたcoldsweats02

何かうまくプラレールを整理する方法はないかと、ネットをみていたら、プラレール用の棚を発見shine。 久々のDIYになりますが、自分で作ってみることにdashdash

物置から余り材を探してみると、なんとかプラレール棚ができそう! 和室の設置する位置を確認し、横幅90センチに決定!!これだと1列にプラレールを2台(6両分)置けそう。 ちなみに、プラレール1台は通常3両編成で、約37センチありました。

Photo

これが出来上がったプラレール棚です。 和室のスペースをあまり犠牲にしないよう、わずか8センチの奥行きですが、プラレールを前後2列で置くことができます。

薄板で11段の棚を作り、 計25台のプラレールが入りました(こんなにあったんですね!coldsweats02)。 棚の上には、これまた増えつつある電車のペーパークラフトが並べられています。

今にも倒れそうに思うかもしれませんが、押し入れの縁板に両面テープで固定(ビスを取り付けるわけにはいかなかったcoldsweats01)しています。 この前の震度4の地震には倒れませんでした。

トミカやプラレールの線路は、おもちゃ入れの棚に入れ、和室がすっきりしました。 今のところ、和室は足の踏み場が十分あります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京ゲートブリッジ

正月休みで運動不足になりつつあるので、かねてから行ってみたかった東京ゲートブリッジのある若洲公園に3人ででかけましたrvcardash。 東京ゲートブリッジは、2012年に開通した一般道にかかる橋で、歩行者道もついています。 

Photo

豊洲公園の駐車場に車を停め、歩行者はエレベータのある若洲側昇降施設から橋上へと上ります。

2_2

地上も多少は風が吹いていましたが、橋上はすごい強風が吹いていて、時より息もできなくなります。 そして、顔や手は凍るくらい冷たいです。 結局、ママ(キング)とイクラは、橋の中央までで断念。 シャケも2/3くらいのところで引き返してきました。

St

橋も上からは、東京スカイツリーも良くみえました。 

3_2

東京ゲートブリッジは、別名「恐竜橋」とも呼ばれているトラス構造の橋です。 なぜトラス構造になったかというと、船が通れるように道路高さを上げなくてはならないことと、近くに羽田空港があるために橋の最大高さを抑えるなければならないからのようです。

45

今度は下に降り、防波堤からゲートブリッジを眺めます。 防波堤にはファミリーから本格的な釣り師まで、釣り人でいっぱい。

5_2

次にイクラと若洲公園のサイクリングにでかけました。イクラの自転車は車に積んできましたが、シャケの自転車を持ってこなかったため、1時間100円でレンタサイクルを借りました。 そうそう、ママは戦線離脱・・・車で本を読みながら待ちますcoldsweats01

6

ちょっと風が吹いていましたが、日差しのそそぐ中、東京湾のサイクリングを楽しむことができました。 帰りには、首都高速を三郷ICで降り、コストコで食材を調達しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年も雪降る北温泉からスタート!

あけましておめでとうございます。本年も、シャケ・ファミリーの珍道中をお楽しみください。

さて、年明け最初の日帰り旅は、今年も那須の北温泉からスタートです。 昨年の教訓から、ママ(キング)とイクラは、スノーシューズをチョイスするなど、雪対策バッチリconfident。 加えて今年は、ジージも参加しました。

Photo

那須に入ると雪が降り始め、道中は雪の中snow。 昨年同様、駐車場から雪の遊歩道(400m)を歩いて北温泉をめざします。 遊歩道は雪の積もった坂道なので、ちょっと不安にもなりますが、昨年で慣れているので、”まあ、こんなもんか”って具合で歩いていきます。 ジージはちょっと不安そう。 

1

これが北温泉の入口です。

2

玄関で料金を払い、なんとも秘湯といった雰囲気の迷路のような廊下を渡って内湯を目指します。 そうそう、この北温泉は映画「テrマエロマエ」の撮影に使われた温泉でもあります。 映画効果か、昨年よりも混んでいるカンジ・・・。

2012

有名な内湯「天狗の湯」は人が多くて撮影できなかったので、昨年の写真をアップします。  この風呂には、大小3つの天狗のお面が飾ってありますが、今年はこのお面が新たに塗り直されていました。 お面の趣的には、昨年の方が良かったように思います。

3

そして、今年は昨年入れなかった外湯プールにも入りました。 「プール」と書いたのは、外湯がまるでプールのように大きな長方形をしているからです。 男女混浴になっていますが、女性は水着着用可になっています。

北温泉では、4か所に風呂があり、別の風呂に行くには一度着替えなくてはなりません。 外湯の脱衣所は床が凍っていて脱ぐのに一苦労coldsweats01。 まずは、脱衣所の横の内湯で温まり、雪の降る中、外湯プールにイクラとともに飛び込みました。 外湯プールはちょっとぬるかったですが、比較的深いので肩までゆったり浸かれましたwink

4

ここには温泉の流れるすべり台があります。早速、イクラがスッポンポンの状態で挑戦dash。 ただし、すべり台の階段は凍っているため、イクラをすべり台の中ほどまで持ち上げて乗せます。

5
そして、温泉の水しぶきをあげながら着水coldsweats01。 イクラは楽しかったようですが、すべり台に乗せる方は大変ですcoldsweats01

ジージは予想以上の秘湯に少し驚いていたよう。 シャケ・ファミリーは、一度冬に訪れているため、今回は、この秘湯を十分に楽しむことができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »