« 幻のイチゴ「とちひめ」狩り | トップページ | 日光クロスカントリースキー »

真壁ひなまつり&食べ歩きグルメ

「寒い中、真壁に来てくれる人をもてなせないか」という住民の思いから始まった真壁のひなまつり。 歴史ある街並みには、300余棟を超える見世蔵、土蔵、門などが軒を連ね、その内の104棟が国の登録有形文化財に登録されているそうです。 ひなまつり期間中は、そうした風情ある街並みみの中に江戸から明治、大正、昭和、平成までのひな人形、手作りのつるし雛、地元特産のみかげ石で作ったひな人形などが飾られます。 こうしたひな人形を飾る家は約160軒を数え、年々、ひなまつりの規模が大きくなっているようです。

Photo_8

街の中には、2階の軒先や神社の中など、いたるところにひな人形が飾られています。 

Photo_9

また、ステンドグラス、石で造られたおひなさま。 洋風のものから、うさぎのおひなさまと、多種多様なおひなさまを見ることができます。 

Photo_6

Photo_7

Photo_8

中でもおもしろいのが、このおひなさまです。 わらぶき屋根の中に飾られたおひなさまの前では、キツネの嫁入りが再現されていますconfident

Photo_9

そして、街歩きといえば、やはり食べ歩きです。ちい散歩でも訪れたというコロッケ店の前には行列が・・・coldsweats02。 揚げたてのコロッケは、庶民的な価格の1個50円sign03。 揚げたては甘くて美味しいかったですgood

Photo_10

真壁といえば、「すいとん汁」が有名なようです。すいとん汁とは、米粉や小麦粉をすまし汁の中にだんご状にして入れたもの。 各店では、独自の味つけや特色を出しています。 シャケ・ファミリーが入った店は、カレー味のすいとん汁を出すお店。 すいとんは、蝶ネクタイ形に整えられていました。 カレー汁に中に大きく切られた焼葱も入っていて美味しかったですgood

Photo_11

このほかに「真壁ご利益菓子マップ」なるチラシがありました。 食べ歩きにはもってこいなので、早速、「頭がよくなる天神大福」や「出世する平四郎もなか」の店を探し、その場でいただきました。 どちらもリーズナブルな価格で、あんこを甘すぎずGoodでした。

ひな人形の歴史を楽しむも良し、いろいろなひな人形を楽しむも良し、そして食べ歩きを楽しむも良しで、いろいろ楽しめるイベントになっています。 なお、このひなまつりは、3月3日まで行われています。 小春日よりの休日に一度訪れてみたは如何でしょうか? 

|

« 幻のイチゴ「とちひめ」狩り | トップページ | 日光クロスカントリースキー »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1209371/49366718

この記事へのトラックバック一覧です: 真壁ひなまつり&食べ歩きグルメ:

« 幻のイチゴ「とちひめ」狩り | トップページ | 日光クロスカントリースキー »