住まい・インテリア

バラのお風呂

今の季節は、色々な花が咲き華やかな季節。我が家でも、玄関先のバラが咲きました。

そして、新たなバラの樹も増えましたcoldsweats01。 仲間入りしたバラの樹は、庭先や少し大きめの植木鉢に植え替えました。

植え替えたばかりのバラは、樹に負担をかけないよう、ちょっとおしい気もしますが、花を摘み取ります。

せっかくなので、摘み取ったバラの花をお風呂に入れることをキングが提案。さっそく、やってみました。

1

2

3

キング曰く、「バラのお風呂で、肌がつるつるになったみたい」とのことです。

私は、あまり感じませんでした。気の持ちようでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奥日光湯元温泉の雪まつり

catface昨年訪れた湯西川温泉かまくら祭のライトアップが綺麗だったので、今年は奥日光湯元温泉の雪まつりを訪れましたrvcardashdashdash

ライトアップを見てから「いろは坂」を降りるのはこわいので、あらかじめホテル(ペンション?)を予約して向かいましたcatface

Photo_5

こちらは泊ったホテルの食事。けっこう豪勢な食事restaurantでした。

Photo_6

お腹がいっぱいcatfaceになったあとは、湖畔で開催された花火大会を見てhappy02、2013雪灯里(ゆきあかり)に向かいましたgood。雪灯里は約800個のミニかまくらにLEDが灯ります。 湯西川温泉のかまくら祭はオレンジ色に揺らぐロウソクの灯りでしたが、こちらは、青や紫、ピンクと色が変わり近代的な印象です。

Photo

この他に、スノーファンタジア(氷の彫刻)も行われていました。下の写真は彫刻ではありませんが、会場には雪の結晶形のイルミネーションが木に飾られていて綺麗でした。

Photo_2

翌朝は、雪の降る中、温泉の源泉へrunrunrun。  泊ったホテルのすぐ裏でした。

Photo_3

キングが妙なポーズをしていますが気にせずに・・・。 日光湯元は雪snowのため、早めに退散rvcardash。 中禅寺に来ると雪は止み、東照宮あたりでは晴れてきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宝の山?????

我が屋の庭先が宝の山shinefujishineになりました。

来年の薪ストーブ用の薪になる梨の木の山です。

Photo

軽トラで五杯分。休日返上でシャケが頑張って運びました。

こちらをチェーンソウと斧で薪にします。この量の薪をもし購入したら十万円は下らないはず!! 来季の冬、温かい冬を過ごせます。

そう思うと俄然張り切るでしょパパさんhappy01 頑張ってね。薪運び手伝います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

壊れた薪ストーブ

それは、ごく普通に薪ストーブで焼きイモを作ろうとした時におこりましたweep

我が家の薪ストーブには、12インチのダッチオーブン(鉄鍋)まで入るため、このダッチオーブンにイモを入れて、薪ストーブの扉を閉めようとしました。

しかし、薪ストーブの中で燃えていた薪が大きすぎたのか、ダッチオーブンの縁があたって、あとちょっとのところで閉まりません。そこで、少し強引に閉めようとしたその時でした。

「ピキ!」というイヤな音coldsweats02coldsweats02coldsweats02・・・・・そうです、扉のガラスが割れてしまいましたcryingcryingcrying

Photo

すぐに薪ストーブを買ったお店に電話すると、扉のガラスだけ取り寄せることはできるけど、正月休みなので時間がかかるとのこと・・・weep。できるだけ送ってもらえるように依頼しました。

それからは、極寒の生活がはじまりました。・・・とは言っても、エアコンは使えたのですが、薪ストーブのように家全体を温めるまでには至りません。改めて、我が家には薪ストーブが必要なことがわかりました。

Photo_2

約1週間後、扉のガラスが届いたので、早速取り付けてみました。ピカピカshineのガラスなので新品の薪ストーブのようです。

とはいえ、ガラス代と送料で、27,000円也。高い焼きイモになりました。そうそう、12インチのダッチオーブンは封印しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

我が家の放射能測定

キングがレンタルビデオショップで気になるものを借りてきました。・・・それは、放射能測定器を1日なら無料でレンタルできるというもの。

Photo_3

早速、我が家の周りの放射能量を測定してみました。

Photo_4

何度か測定してみると、測定する高さや向ける方向によって値が違います。とは言っても標準的な地表1m前後で測定すると,0.08から0.12マイクロシーベルト。非常に少ない数値なので、測定毎の違いは誤差範囲なのでしょうthink

市役所で公表している我が街の測定結果と同じか低い数値です。ひとまず安心しました。

Photo_5

とはいっても、雨樋の近くや、雨水が流れるところで測定すると、0.15マイクロシーベルト前後と、他のところよりもちょっと高い値がでます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台所にミルクガラスシェード投入

地震もおさまりつつあるので、台所脇のテーブル上にペンダントライトを2つ取り付けることにflairshine

キングの希望で、アンティーク風のミルクガラスのシェードがいいとのこと・・・。早速、ご愛用の大型ホームセンター(ジョイフルホンダ)で、ミルクガラスシェード探しdashdash

1時間くらい悩んだ結果、キングがオレンジ色のミルクガラスシェードに決定。シーリング類(電気コードとつなぐところ)を合わせて、2セットで18,000円也coldsweats02。ちょっとお高い買い物になってしまいましたcoldsweats01

早速、家に帰って、ミルクガラスシェードを取り付けてみました。

Photo

どうです? くすんだオレンジ色なので、レトロ感があっていいでしょ?

Photo_2

灯りとしては実用的ではありませんが、我が家のリビングは照明類が多いので、インテリアとして、キッチン周りの雰囲気が変ったような気がします(写真では、ミルクガラスシェード以外の照明を消して、夜撮影)。

電気コードがちょっと長い気もしますが,このライトにより,キッチンとリビングが仕切られたようになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

我が家からの眺め

我が家の目の前には、建てる前から植えてあった「ヤシオツツジ」があります。

このヤシオツツジはシャケ父自慢のツツジらしく、前の持ち主をなんとか説得し、たいそうな高額で購入したそうです。

シャケ父曰く、「このヤシオツツジだけは、植替えたり、枯らしちゃならねぇ!」think ・・・と言われています。

ツツジというものは、山小屋風(日本風でない)の我が家にあまり似合わないのですが、このヤシオツツジは比較的マッチする花で、ちょうど桜の花の咲く頃、ピンク色の花が見事に咲きます。

そう今、咲きだしたところです。

Photo

左下に見える犬は、両親が飼っている番犬「ジョン」。イクラは大の苦手です。普段はつながれてますが、夜や朝に放されていることがあります。

室内から眺めはこんなカンジ。

Photo_2

デッキから眺めると、ツツジの後ろ側に、原風景が広がります。

そして、このヤシオツツジが我が家に春を感じさせてくれます。やっぱり春はいいですね!

Photo_3

でもやはり、自分達で庭をアレンジしたいので、今年は、キングと一緒に、庭先に草花を植えたり、家庭菜園を作って、ちょっとづつ我が屋からの眺めを変えたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

我が家の初化粧

朝、窓から外を眺めると、うっすらですが一面の銀世界。我が家を建ててから、初の雪が降りました。

イクラは、家の周りに雪が積もっていることに興奮ぎみhappy02。早速、スキーウェアに着替えて、雪だるま作りにGo!!dash

Photo

しか~し、1月の雪とあって、水分が少なく、うまく丸く固まりませんweep

雪だるまはあきらめて,家の中に入ると,薪ストーブで暖か。濡れたスキーウェアを薪ストーブで乾かしながら、窓から見える大きなケヤキの木を眺めています。

Photo_2

今年は、イクラのスキー場デビューskiができるかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニンニク&唐辛子オーナメント

思いったってこんなもん作りました。

自家製のニンニクと唐辛子のオーナメント。

麻布でしばっただけのものですが。。。。。。なんか素朴でかわいいっheart04

Photo_5

早速、キッチンの窓辺に飾りました。

カントリー風な一画shine

一応、飾りだけじゃなくて必要に応じて料理に使います。

Photo_6

日向ぼっこしながら、こんなん作るとなんか幸せになります。

イクラを誘いましたが、即答で「忙しいからっ」と断られました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

同期のセルフビルド宅見学会

我が家の家作りは、ほぼ終わった(現在は、家具作り)というのに、セルフビルドで建てた家の見学会に参加してきましたrvcarsign04

・・・・と言うのも、同じセルフビルドメーカーで同時期に建て始め、年齢も同じくらいだったので、見学会などで会うと、互いの家の進行状況を話し合っていました。いわば家作りの同期生といったお宅です。

我が家は、今回のお宅よりも2~3ヶ月早く着工し、セルフビルドの項目も少なかっただったので猛暑の8月に見学会を行いましたが、見学者集めの関係もあり12月の開催になったもようです。

住宅メーカ(ハーフビルド・ホーム)のホームページで、各家の建築状況が確認できるので、今回のお宅の形や内外装は写真である程度はわかっていたのですが、聞きしにも勝るアンティークに富んだ家でした。

玄関を入ってすぐのドアは、建築前から集めていたというチャーチドアがあり、リビングの照明もアンティークのものでした。・・・・我が家のなんちゃってアンテーク風照明とは格が違いますcoldsweats01

Photo

キッチンを見ると、六角形のタイル貼床にオーダーメイドのキッチン・・・その前に、ミシン台を使ったテーブルが据えられてました。ご主人が骨董屋さんで見つけてきてテーブルを作ったそうです。我が家でもミシン台を使ったテーブルを昨日作ったばっかりだけに、ちょっとビックリcoldsweats02

Photo_2

このお宅も薪ストーブを入れており、帰る頃には、薪集めの話題で盛り上がりました。

我が家の近くに薪ストーブ店がオープンしたみたいなので、帰りに寄ってみると、開店セール中lovely。思わず、薪割りに欲しかった斧を買ってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)